ブログ

膝が痛い人は必見!世界基準の変形性膝関節症の治療について

膝が痛くて困っている・定期的に注射をしているという方へ

当院は人生100年時代、人生の最後まで歩ける身体を作る

足・膝・腰の症状改善に強く力を入れています!

本日は【世界基準の変形性膝関節症の治療について】

高齢者の膝が痛い原因の大半は変形性膝関節症だと言われています。

(日本では推計、約2,590万人も変形性膝関節症)

注射だけの治療を繰り返している方は必見!

なぜ注射をしても良くならないのか?

膝の変形性関節症は関節軟骨の老化によることが多く、年齢と共に弾力性を失い、すり減り、関節が変形する病気です。

女性に多く、一度すり減った軟骨は自然に治ることはありません。

変形性膝関節症は世界的な3つの国際学会があり、ガイドラインを踏まえた治療法を選択します。

治療として推奨されるもの

  • 運動(定期的な有酸素運動、筋力強化など)の継続
  • 体重管理
  • 局所的な痛み止め(長期投与は可能な限り回避する)

治療として推奨されないもの

  • グルコサミン・コンドロイチンの内服
  • ヒアルロン酸の関節内注射

膝が痛い方はどの治療をされているのでしょうか…

もう何年も整形外科で注射をしてきたという方が来られることもあります。

経口したサプリメントが膝に届くのかも気になります。

ヒアルロン酸注射で根本的に治ることはない

効果は1〜2週間程度!

  • 一時的に痛みを抑えることはできますが、分解されて身体の外へ排出されます。

徐々に効果が弱くなる

  • そもそも治っているわけではないので、注射をして痛みが改善している間に悪化していきます。

酷い痛みを一時的に凌ぐ対症療法で、中等・重症で手術を検討するまでの繋ぎです。

若くても膝は変形する

変形性膝関節症は高齢者の膝が痛い原因の大半ですが、若くてもスポーツや怪我などで膝の骨折、靭帯・半月板の損傷などの後に発症することがあります。

ちなみに、自分自身も右膝には【タナ障害】があり、痛みでMRIを撮ったことも…

年齢の割に関節の隙間が少なく、うつ伏せで膝が床に当たると痛みます。

変形は始まっていますが、見た目ではわからないぐらいです。

高齢者の膝の変形も突然なるわけではなく、長い年月をかけて軟骨がすり減って行くわけですから、もちろん見た目ではわからない、もっと若い時から変形は始まっています。

痛みを抑える注射をせずに、膝の痛みを改善する方法

変形性膝関節症の初期では立ち上がり、歩き始めなどの動作の開始時に痛み、進行すると階段の上り下り、正座が困難に。

初期での推奨される治療は?

  • 運動(定期的な有酸素運動、筋力強化など)の継続
  • 体重管理
  • 局所的な痛み止め(長期投与は可能な限り回避する)

この3つでしたね!

つまり、変形を進行させないようにしていくためには【運動の継続】が必要です!

当院には簡単に自宅で楽しく継続した運動ができるトレーニングサービスがあります。

歩行機能改善トレーニングサービスについてはこちら↓

医療・介護に頼らない健康寿命を伸ばす方法 人生100年時代!よく聞く言葉ですよね? 日本は世界トップクラスの長寿国です。 でも、【健康寿命】...

膝が変形し痛みで歩けなくなる前に予防しませんか?

足の痛みで歩けない人をなくしたい!

あなたも歩行力チェックを受けてみませんか?

限定3名様まで無料です!ご希望の方はお急ぎください。(終了期間は2024年6月30日)

あなたが膝の痛みで悩んでいるのなら、今すぐ下のボタンから予約してください。

ご予約・お問い合わせはこちら

最後に…、追伸

歩行機能改善トレーニングサービスは世界で1番新しいトレーニングサービスです!

最後まで読んでくださった貴方へ

未来の健康的な自分を作るのは、今の貴方です!

毎月、3名様まで無料の体験会や、歩行力チェックを行なっているのですが…

この記事を読んでくださった方は足サイズ測定・足評価も無料で行います!

足サイズ測定・足評価は¥6,600→なんと!無料!

予約時、お問い合わせの際「記事読んだよ〜」とお伝えください!

ご予約・お問い合わせはこちら