ブログ

箱根駅伝!今年のシューズが気になる。

2024年が始まりました。

またオリンピックの年です。(またうるう年)

頼るギアはシューズだけby元陸上競技部

としては、やはり今年も箱根駅伝のシューズが気になって仕方がないです。

2023年はフォームソティックス・メディカル(矯正用インソール)の導入

足サイズ測定技術や靴の相談ができる院としての知識UPを図りましたので、さらに靴に対しての目が肥えたはず・・・

2024年、箱根駅伝第100回大会をシューズから見ていきたいと思います!

今年の箱根駅伝のランナー230人中、一世を風靡したナイキは98人でした。半分切りましたね。

ナイキ1強の年の記憶があるので、なんかちょっと減ったような気がしますね・・・

今年はスイスのonが3人(びっくり)

そして去年ジワリと人数を増やしていたプーマですが、今年は20人だったそう。

年々、シューズは進化しているのでしょうが、トレーニングや作戦、気候などいろんな条件が重なって、青学の優勝でしたね。

厚底シューズが登場してから年数が経ち、どのメーカーも開発が進みました。

ただ、そのシューズを履けば速くなるというものではなく、ちゃんと乗りこなすトレーニングが必要です。

走り方も変わりつつあると言われています。

初心者ランナーがいきなり手を出すと怪我につながる場合もあります。

その点は注意して購入して下さい。

シューズはとても大事です!

自分に合ったシューズを履くことで怪我のリスクを抑え、トレーニング効果を上げることができます。

まず、シューズ合わせしましょう。当院では足の正確なサイズ測定ができます。

シューズを合わせたら、今度は足とシューズの仲を取り持ってくれるインソールにご注目を。

インソールは個々に違う足の形状をシューズと合わせるもの。

さらに、足の骨の並び(アライメント)を整えるから、自分の持つ力を地面に伝え、地面からの力を最大限得ることができます!

海外の足病医が認めた矯正用インソール「フォームソティックス・メディカル」について詳しくはこちらから↓

矯正用インソール【フォームソティックス・メディカル】 れお 当院はフォームソティックス・メディカルの取扱認定院です! さらにインソールだけでなく、足の評価・足サイズの正確な測定、靴の...

ランニング初心者さんへのおすすめシューズ

アシックス GT-2000 12 メンズ スタンダードタイプ ランニングシューズ ジョギング トレーニング ウォーキング 1011B691 ASICS 2023秋冬

当院に来られた方で、靴底が厚ければ厚いほど良い!と思い込んでいる初心者さんがいました。確かにクッション性は必要ですが、その分、筋力も必要です。

ナイキはウィズサイズ(横幅)が細身なので、幅広の足の方には合わない場合も多いです。

足のサイズに合ってないシューズを履くのは怪我リスクUP

気をつけて下さい。

今年の青学はアディダスが2人いました(8万円以上するそう)

ナイキ1強の時は、走る時はナイキでインタビューの時はアディ・・・そこは大人の事情?

また来年も楽しみです。

  • ダイエットは明日から・・・いや!今年こそ!と思っている方
  • 運動しなきゃ〜!何からしたらいいのかわからない!結局運動できない!という方
  • 運動は好きじゃない!外は暑いし寒いし、一人で続かない!という方

解決できるトレーニングサービスあります。興味のある方はぜひ一歩を踏み出して!ご連絡お待ちしております。

こちらの記事もおすすめ
ブログ

あなたもロコモかも!?

2023年11月11日
鳥取市で足・膝・腰の痛みならコンディショニングサロン【アルケミスト】
ロコモティブシンドロームって聞いたことありますか? 骨や関節の病気、筋力の低下、バランス能力の低下によって転倒・骨折しやすくなることで、自立した生活ができなくなり、 …